65歳でしたら、まだ選択肢はたくさん残っています。

65歳~69歳までの年齢の方でしたら、まだ大手の金融機関も貸出を規制していないところが多いです。
大手では唯一モビットが65歳までの年齢制限を設けているので、65歳を過ぎるとモビットからは借入ができなくなります。
そういう意味では、65歳~69歳までの年齢は、消費者金融でお金を借りられる年齢としては最後の数年、ということになります。
でも、まだまだ大丈夫!と、ここで安心してはいけない局面も・・・
それについては、このような事態が予想されるからです。

でも、門前払いされないからといって安心はできません。

確かに69歳までであれば大手の金融機関では年齢制限にひっかからずに審査の申し込みをすることが可能です。
ですが、リミットの69歳に近づけば近づくほど、審査は厳しさを増してくる、というのが現実なのです。
特に、会社を定年退職した人や早期退職をした人は、審査がほぼ通らない、といって間違いありません。
退職金などでお金がちゃんとある人でも、定職についていないと審査は通らないのです。
そして、定職に付いている人であっても、65歳以上の人は審査に通りづらい、という現状があります。
それは、金融機関の方でも「いつ体調を崩して働けなくなるかわからない」というような考えがあるようです。
こうした考え方は、現在の日本の医療制度を考えるとナンセンス、とも言えるのですが、現実にそうした状況がはびこっていて、
改善される様子が見えないのが日本の金融機関の現実なのです。
ですから、65歳~69歳までの年齢の人は、門前払いはされないけれど、審査はとても厳しく、借りられない可能性がある、ということをよく認識して申し込みを行ってください。