70歳になると、借り入れ可能な金融会社は極端に減ってきます

65歳以上になると、普通のサラリーマンであれば定年退職して、年金生活をスタートさせていると思います。
でも、年金は金額が大きくないですし、もしも何かあった時は不安ですよね。
そういう時のために、キャッシングカードを1枚持っていれば安心なのですが・・・

でも、日本の大手の金融機関は70歳以上の高齢者にはお金を貸さない、というのが基本スタンスになっているようです。
唯一、レイクだけは70歳ちょうどまでは年齢制限に引っかからずに審査の申し込みをすることができます。
審査の方は正直かなり厳し目になってしまいますが、年金をある程度の額もらっていて、借りる金額が少額ならば、審査に通る可能性はあります。
まずはレイクに申し込んでみてはいかがでしょうか。

70歳以上であれば、こんな裏技もあります。

71歳以上になると、レイクも含め、大手の金融機関でキャッシングができるところはほぼなくなってきます。
ちょっと絶望的な気持ちになりますが、実は、こんな裏技もあるのをご存知ですか?
それは、旦那さんが71歳以上でも、奥さんが70歳以下の場合。
その場合は、奥さんの名義で審査に申し込むのです。
そうすれば、年齢制限に引っかからずに審査を受けることができますし、
審査では旦那さんの収入の有無がポイントになってきますので、ある程度の年金収入があるのであれば、審査は通ります。

旦那さんと奥さんの年齢差があれば、こうした裏技を使うことも可能です。
もし、条件が合っているようでしたら、試してみてはいかがでしょうか。