大手の金融機関はお年寄りに優しくないです!

プロミス、アコムをはじめ、ほとんどの消費者金融が、借入に際して年齢制限をつけています。
若い方は20歳から、というのは、ほぼ全国どこも一緒ですが、問題は老年の方。
これが金融機関によってバラバラなのです。
ですが、だいたい65~70歳の年齢制限をつけているところがほとんど。

最近では、60歳を過ぎてもまだまだ現役で働く人は増えていますし、
そうした人は借金の返済能力もじゅうぶんにあります。
にも関わらず、ほとんどの大手金融機関は借入を認めていません。
これは、まだ日本の高齢化社会に対応できていない、ということなのではないでしょうか。
このように、大手の金融機関はお年寄りに全く優しくない!というのが現実なのです。

大手消費者金融機関の年齢制限一覧

ここでは、大手の消費者金融が貸出に設けている年齢制限を一覧にしてみました。
これを見てみると、大手の消費者金融がお年寄りに対してどのように対応しているのかが一目瞭然。
まずはご覧ください。

金融機関名年齢制限
プロミス 20歳~69歳
アコム 20歳~69歳
レイク 20歳~70歳
モビット 20歳~65歳
アイフル 20歳~69歳
ノーローン 20歳~69歳

このように、ほとんどのところが70歳以上になると、返済能力のあるなしに関わらず門前払いになるのです!
唯一レイクは70歳まで一応資格はあることになっています。
でも、70歳を超えると大手の金融機関で貸出をしてくれるところは皆無、ということになります。